メタボリックシンドロームとは
昨今しきりにその名前と対策が叫ばれているメタボリックシンドロームとはどういう意味なのでしょうか?

このメタボリックシンドロームには、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人がそれにあたります。

これに高血糖高血圧高脂血症のうち、二つ以上を有している状態が、メタボリックシンドロームです。

これまで日本で行われたメタボリックシンドロームの診断や対策は、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準が元になっていました。

これが2005年4月、ずっと待望されていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が日本内科学会総会において発表されたことで変わったのです。

それが日本の診断基準となり、その対策が考えられています。
まず内臓脂肪の蓄積をウエスト径で判定するのが、その具体的な診断法です。

男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。
これをもし腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定したとします。
そうした場合、このウエスト径の数字は断面積100平方センチに相当することになります。

これによりメタボリックシンドロームだということになり、その対策が必要なことになるのです。

このようにメタボリックシンドロームは今や世界中で注目、問題視されており、対策のための様々な研究がなされています。

拍手[0回]





メタボリックシンドロームとは | Comments(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| ダイエットの時間ですょ! |

ブログテンプレート